FC2ブログ

初めて飼ったワンコは捨てられていたコーギー。こんな向う見ずな家族とコーギーこたろうの記録です。

毎日暑いですね

この時期の書きだしとしては
不似合いですが、今日も暑かった

こたろうの近況はというと

パンパンとピストルの音のする行事も終わり、
平穏な日々を過ごしております。

運動会の時は
そういえばこたろうがいない!!
と思って探すと、とんでもない部屋の隅っこに
小さく丸まって避難していました。

本当に怖がり出すと、
動機が激しくなり、よだれダラダラで
ちょっと心配な状態なので、
部屋の隅に丸々することで
それを防げるならよしということにしています。


先月の5日に入院した父の容態は
なだらかに回復には向かってはいるものの、
日に日に認知症の症状の様な、
不思議な感情の起伏を見せ始め
見るたびにその様子は違い
いったいどれを今の状態と
認識したらいいのか、分からない状態です。

体の機能自体は回復してきているものの、
何かの動作を自ら起こそうとする意志は見られず、
たとえば、何か困ったことがあっても
自分の意思でナースコールはできないなー
って考えると、やはり
かなり介護が必要な状態なのかもと
今日改めて思いました

話し出すと比較的雄弁で、
多少の混乱はあっても
正しい内容の、普通の会話をします。

かと思うと、以前はそんなことのない父が
泣きだしたり、母に対して説教じみた怒りをあらわにしたり
なんだか不思議な状態です。

今日は姉妹みんなで集まり今後どうするかを
話し合いました。

介護はそれぞれの家族環境や
患者の容態、自治体の姿勢、
医療機関のあり方などでその方法というか
選択肢が違うため
人から聞いた話がそのまま当てはまらなかったり

なかなか正しい判断ができず、
本当に、右往左往というか
一進一退というか
とにかく いい勉強をさせていただきました。

あー介護経験者はこんな苦労をしてきてるんだな―
と改めて知り、家族が健康であることのありがたみを
しみじみ感じたり。

とりあえず
ある程度一つの方向が決まり、
何とかなるか・・・というくらいまでは行きました。

介護していこうという気持ちはあっても
自分自身の気持ちの抑制が効かない母を見ていると
体力面だけでなく、
精神面で不可能ということもあるのだなとつくづく思います。

これからますます
こういう家庭が増えていくことを考えると
国として本当に真剣に考えるべき問題なんだと
つくづく思います。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こたろうのかあさん

Author:こたろうのかあさん
2018年7月23日 午後11時 
こたろうとの9年と2か月の生活が終わりました。
小学生だった子供も今は大学生。月日の長さを感じます。
こたろうのおかげで、笑い話、経験、出逢い
このブログ たくさんの宝物をもらいました。
ありがとう、こたろう。虹の向こうで元気に食べて、走ってね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
いつもありがとう
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ちょっとご紹介♪
GIFアニメ工房~無料GIFアニメ作成ソフト無料公開中