FC2ブログ

初めて飼ったワンコは捨てられていたコーギー。こんな向う見ずな家族とコーギーこたろうの記録です。

この頃思うこと

今朝、お父さんが、

「そういえば、最近ホールドラッピングとか、テリントンタッッチとか
 そういう言葉使わなくなったね。」

ってポツリと言いました。

そうだよな~
 
こたろうがわが家に来た頃は本当に右往左往して
あれこれしつけ本読んで
色んな方法を試して、何とかしようと躍起になってたし。

でも、最近は

飽きたとか、しつけなんてどうでもいいとかじゃなくて、
方法を考えなくても 何とかできるようになったってことかな。

前、目ざましテレビの
“今日のワンコスベシャル”で
おじいさんと一緒に畑に出かけて、
農作業を手伝うワンコを見ました。

おじいさんはしつけとか、何にもしたことはないって。

ただおじいさんのすることを見ていたワンコが
自然と荷物を運ぶのを手伝ったり、
道具を取ってくること覚えたり
ってそういうことなんだと思うけれど、

あまりに自然で、子供に話しかけるように
声をかけると、その用事にこたえるワンコが
本当にかわいかった。

おじいさんと一緒になにかしてるってことが
楽しくて仕方ないって感じ。

最後は飼っている牛の散歩で
牛の綱をワンコが引いて、おじいさんと一緒に
山道を歩く姿。


わが家に来たてのこたろうと私たち家族では
到底無理だし考えられないことだけど

今ならこんな関係ができるんじゃないかなって
わが家に来て早くも3年半、
一緒に過ごした月日をしみじみ感じました。


本当に家族になった繋がりを感じる今日この頃

日ごろの生活で、教えているつもりはなくても
繰り返されることは自然と覚え、
言葉に出さなくても
目線や空気で、何かを感じ取るようになってきた
こたろう。

私たちも
こたろうが何を思っているのか
なんでこんなことするのか、

あっなんか考えてる

とか、見る余裕もでてきて、
こたろうといることが本当に楽しいし面白い。

犬を飼うってこういうことだったんだなって
しみじみ感じる今日この頃です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こたろうのかあさん

Author:こたろうのかあさん
2018年7月23日 午後11時 
こたろうとの9年と2か月の生活が終わりました。
小学生だった子供も今は大学生。月日の長さを感じます。
こたろうのおかげで、笑い話、経験、出逢い
このブログ たくさんの宝物をもらいました。
ありがとう、こたろう。虹の向こうで元気に食べて、走ってね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
いつもありがとう
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ちょっとご紹介♪
GIFアニメ工房~無料GIFアニメ作成ソフト無料公開中