FC2ブログ

初めて飼ったワンコは捨てられていたコーギー。こんな向う見ずな家族とコーギーこたろうの記録です。

春・・・・・

すっかり更新をさぼり、娘にまで指摘され、久々の更新です。

春のせいか、本当に眠くて、夜8時ごろからまぶたが重くなり、
9時に布団に入る日もしばしば
で、こんなことになってしまった。

その間に、あっという間に4月。


こたろうの目に傷がついて、かれこれ1ヶ月が経とうとしています。

最初は4~5日で治ると確か言われたのに。。。

前回の記事のあとお医者さんにいき
胴が長く、足の短いこたろうのために
エリザベスカラ―が交換されました。
エリザベスカラー

だてに足が短くその上胴が長いために
体を丸めると、目に届いてしまう後ろ足。
こんなにおおきなエリザベスカラ―でも
ともすれば後ろ足が届いてしまいます。

痒いのか痛いのか、カラーや敷物に目をこすりつけていることも・・・・

それでも何とか掻かないように気をつけた1週間

なのにちっともよくならない。
涙は止まらないし、目が開けにくいのか痛いのか
ウィンク状態のことも多い。

今度は先生にかなりしつこく訴えました。
良くなる様子が見えないと。

先生は今までより念入りに目を観察してくれました。

望遠鏡の小型版みたいなもので見ると
傷は治っているように見えるらしいのですが
緑の試薬をいれてみると、傷はそのまま残っています。

先生曰く
目やにがでていないし、炎症はない、
つまり細菌やウィルスの感染はないと。
でも本来なら傷ついた角膜を治すために
集まってくるはずの新しい血管が見えてこないらしい。

「傷が治りにく体質の犬ってことですか?」

って聞いたら、

「というか、傷が治りにくタイプの目っていうか
 でも、犬には今は痛みはないと思うんですよね」

と、ぼそっと呟いた先生。


とりあえず今回は2つ出ている目薬の1種類が違うものに変わりました。

なかなか上手に写せなかったけれど
眼

目はこんな感じ。

緑色は試薬の色です。
かなり時間が経ってから撮ったので
随分境界線はぼやけてますが、
黒目の真ん中あたりが緑色に染まっています。

それまではすぐに治るだろうと気楽に考えていたけれど、
初めて目の病気についてググってみました。


なんか、やばい感じ。この治りの悪さは。


正式な病名は聞いてないから、
今一つ何かよくわからないけれどすごく心配になってきました。


が・・・・


目薬が変わって2日目の今日。
なんか、いい感じです。

寝て起きた後も、久々にスッキリ目が開いているし
涙もほとんど出ていない。
目をこすりつけたり掻こうとする様子もない。

多少目の中心が白っぽい気もするけれど、
こたろう自身がすっきりしているような気がします。


このまま続けて治るといいけど・・・


今まで下痢以外病気とか怪我とかしたことなかったから
何につけても戸惑うことが多い。

でも、
かなり狭いお医者さんの待合室で
他のワンちゃんや猫ちゃんがいても
動じることも吠えることもなく大人しく待っていられたこたろう。

入口に入る時はちょっと(いや、かなり?)前足でふんばって
抵抗したものの、私がひとりで連れて行くことができるまでに
なったことには、一緒に過ごした年月を感じました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こたろうのかあさん

Author:こたろうのかあさん
2018年7月23日 午後11時 
こたろうとの9年と2か月の生活が終わりました。
小学生だった子供も今は大学生。月日の長さを感じます。
こたろうのおかげで、笑い話、経験、出逢い
このブログ たくさんの宝物をもらいました。
ありがとう、こたろう。虹の向こうで元気に食べて、走ってね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
いつもありがとう
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ちょっとご紹介♪
GIFアニメ工房~無料GIFアニメ作成ソフト無料公開中