初めて飼ったワンコは捨てられていたコーギー。こんな向う見ずな家族とコーギーこたろうの記録です。

お散歩もなくなっちゃったな…

いつもなら、仕事から帰って、ご飯の支度をして急いで食べて
こっちゃんとのお散歩タイムなのに。
もう、お散歩も難しそうです。

外に行くためには、段差の多い我が家は抱き揚げなくては
ならなくて、それがとてもおなかを圧迫してしまうようだし、
いざ出ると頑張って歩くんだけれど、それがよけいに体を辛くさせて
しまっているようで、おとといからお散歩はあきらめました。

家の中では、時々こけながらも、少しずつコツをつかんで、
上手に水も飲めるし、オシッコも今のところは大丈夫。

ただ、うんちだけは その体制がかなりおなかをギューっと
押さえつける体制だから、最初は足がつらいのかと思っていたけれど
どうやら、膨らんだおなかに痛みがくるようです。

今日は食べてもいないのに、うんちをした後、
一時、口を開けてひどくつらそうでした。

多分、いつもすごーく痛いわけではないと思う、
ただ何かすると、なんか変だなーと感じながら
この生活に順応しようとしているようにも見える

私が用事を終えて、茶の間にすわると
何気に、そばに来て私のひざに顎を載せるるこたろう。

かわいいんだよね・・・・



スポンサーサイト

食べない…

昨日喜んで食べたものも 今日は食べない。
人間だって具合が悪ければ、何も食べたいと思わないから、
きっと同じなんだろうな。。。

おなかが膨らんでいるから見た目には痩せてないけれど、
あんなに食べることに必死で、
ちょっとでも何かが落ちる音がすれば
耳をたててその音のしたところに突進していたのに
今は鼻先に食べ物を差し出しても、食べたくないものには
見向きもせず、むしろ顔を背けたりしている。

立ち上がるのも大変で、こたろうなりにどうやったら
うまく立てるかを必死に探している様子。

今年の尋常でない暑さの中で、この状況で
エアコンのある環境で過ごせること本当に感謝しています。
庭で2 
朝庭で。

思っていたよりも…

きょうのこたろう  
今日のこたろうです。
画像をアップしたのはいつ以来だろう。
ブログ自体随分さぼり気味だったけれど、子供たちが大きくなって
私も仕事を始めて、こたろうとのお出かけはここ数年本当にありませんでした。
唯一の遠出が動物病院かな…

ショックな病名を聞いてから数日。
こたろうの状態は日に日に変わっています。
あんなに食い意地がはっていたのに、ドッグフードに見向きもしなくなり
何とか食べていたヨーグルトも今日はあまり欲しがりません。

水は自力で飲めるので、少しずつ飲みに行きますが、
今日は水入れの前で前足に力がなくなったのか、
座り込んでしまいました。

誰よりもショックなのはこたろうみたいだった。
何が起きたんだろう。というような顔をして、しばらくその場から
動けませんでした。

その後何事もなかったかのようにすたすた歩いたのですが、
おしっこと💩の時にはその恰好に耐え切れず、
脚は両足を突き、💩の時には前にのめりそうになっていた。。。。

先生はこたろうの気のままにというけれど
できるかぎりサポートしながらお散歩したほうがいいのか、
食べるものも何をあげたらいいのか
あまり抱き上げるとおなかに圧が掛かってよくないのか
迷いはつきません。
お風呂にも入れてあげたいけど、もともと嫌いだし
多分負担にしかならないんだろうな。

食べていないから、痩せていくはずなのに、おなかはぱんぱんです。
こたろう1。 
7月15日撮影 
こたろう2
7月17日撮影
見比べるとやっぱりおなかが大きくなってるなあ…・
呼吸も早く、毎日少しずつ荒くなっている。
飼い主の気持ちとしては、最後の夏、涼しい環境を与えてあげらえたことが
せめてもの救いです。

こんなになっても、
一生懸命我が家の平和をまもろうとしているこたろう。
争いごとが嫌いで、人間同士の不穏な空気を感じると
身体は動かずとも、必ず吠えて止めようとします。

床の上で踏ん張りがきかず、意図せずふせってしまっても、
あきらめずに、部屋の中を動き続けるこたろう。

私が思っているよりも、きっとずっとつらいんだね、



こんなことってあるんだ・・・

前回の記事で熱中症では、という話をしましたが、
こたろうの不調はそのせいではなかったことが今日わかりました。

最初具合が悪くなった時を思えば、少しずつ元気を取り戻して
いたかのように思っていたのですが
好物の鶏肉を食べようとしないことに不安を感じたおとうさんが
今日病院に連れて行きました。

診断の結果は脾臓の悪性腫瘍でした。
エコーで見たら、おなかいっぱいに腫瘍は広がっていたそうです。
あの暑かった日、その前日までは元気に走り回り、
お散歩もすたすたと歩いていたのに、こんなことってあるんだ…

脾臓以外に転移はないものの
その数は多くかなり広がり、膀胱も圧迫されているということ。
でも、比較的痛みは少ない場所だし、
頭はしっかりしているので あとはのんびりきままに過ごさせてあげて
ほしいということで,特に薬も処方されませんでした。

もし何かあるとしたら、その腫瘍が破裂すること。
破裂してしまったら長く苦しむことなくすぐ虹の橋を渡る、
そんなタイプの病気だそうです。

去年の12月に、歯肉炎みたいなものを切除した時の
血液検査では何の異常もなかったのに、
こんな短期間にこんなことがあるなんて…

家に来て今年で10年目、正確な年齢はわからないけれど
一番若く見立てた先生の年齢から考えてもすでに13,4歳。
十分老犬だから、仕方ないことと思いつつも
信じられない思いです。

痛がってる様子は見えないけれど、
呼吸数はかなり多いのがつらそう。

念願のエアコンも無事に稼働中。
少しでも良い環境で 体を休めてあげたいと思います。

こんな日が来るんだな…今はそんな気持ちです。


プロフィール

こたろうのかあさん

Author:こたろうのかあさん
こたろうとの生活もいよいよ10年目。
飼い主もこたろうも老化を感じさせる今日この頃。
できるだけ長く、こたろうと暮らせることを
日々願いながら、頑張りすぎずのんびり
暮らしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
いつもありがとう
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ちょっとご紹介♪
GIFアニメ工房~無料GIFアニメ作成ソフト無料公開中